EU離脱懸念後退とテクニカル分析

移動平均線、MACD、ストキャスティクス、乖離度、テクニカルにも色んなものがありますが、何を好んで使っていますか?
日経平均先物は業績を考える必要も無いだけに、株以上にテクニカルを重視している方は多いと思います。
私も実はボリンジャーバンドを利用することがあります。

ボリンジャーバンドとは移動平均を表す線と、その上下に値動きの幅を示す線を加えたものです。
1980年ころにジョン・ボリンジャー氏が考案したもので、価格の大半がバンドに収まるという統計学を応用した指標になります。
ボリンジャーバンドの中心となっているのが移動平均線で、その上下にそれぞれ近い順に1σ、2σ、3σときます。
一番近い1σの間で株価が動く確率は約68.3%、次の2σで動く確率は約95.5%、次の3σで約99.7%です。

人によっては色んな使い方もあるとは思いますが、私は3σだけしか使いません。
2σで収まる確率は約95.5%でなかなかの水準と思うでしょうが、、20回中1回は外れる計算になります。
一方で3σはどうか?これは333回中1回外れる計算になりますので、2σと3σでは全く精度が違うわけです。

実際に日経平均の1年チャートを3σ表示で見てみます。

3σタッチ後はリバウンドしているのが分かると思います。
しかもこの1年ではほぼ完ぺきに。
タッチする場面がもともと少ないという問題はありますが、チャンスの割り出し方法の1つとして頭に入れておいても損はありません。

もちろんこんな取引回数じゃちょっと・・・という方にはこちらを!!

グローバルETFコースではデイトレとスイングはしっかり住み分けしております。
デイトレでは利益確定助言をズバッと配信

10日間全額返金クーリングオフ制度を御利用頂けます

↓↓↓↓↓お申込みはこちら↓↓↓↓↓
ETF

株やFXの助言スタッフの考えを知るチャンスは無料メルマガでチェック!!
まだの人は是非登録してみてください!!

アイリンクインベストメント無料メルマガ