出来高抵抗帯

出来高

ここ半年間で一番出来高が多く積み上げられた水準であるだけに、EU離脱がなく悪材料視されなければ買い戻しが入ると思いますので短期でのトレンド転換となりそうです。

反対に、ここを下抜けてしまうようだとさらに下値である14500円が意識される展開となります。
7月限のオプションの出来高を見るとプットよりもコールが買われています。もし仮にEU離脱がなかった場合、爆上げがもしかしたらくるかもしれません。
そのように考えている投資家も多いのではないでしょうか?

もしも?!の時に備えてコールを買っている投資家もいるとすれば、EU離脱がなければもしかするとい17000円越えを狙った上昇が見られるかもしれません。

逆に下値を掘る動きとなれば、PBRが1倍割れとなる水準である14000円前半というのが押し目買いのポイントとなるかもしれません。
投票自体は早い段階では、日本時間の9時前とも言われており、地区ごとに離脱派、維持派と別れているため、発表に振り回される展開となるかもしれませんので、明日の売買は注意したいですね

グローバルETFコースではデイトレとスイングはしっかり住み分けしております。
デイトレでは利益確定助言をズバッと配信

10日間全額返金クーリングオフ制度を御利用頂けます

↓↓↓↓↓お申込みはこちら↓↓↓↓↓
ETF

株やFXの助言スタッフの考えを知るチャンスは無料メルマガでチェック!!
まだの人は是非登録してみてください!!

アイリンクインベストメント無料メルマガ